小学校受験対策を行なう人気の塾|体験学習も行なう通信制高校

子供の能力を伸ばす

勉強道具

小学校受験では、通常の高校受験や大学受験のようにペーパーテストが用意されます。多くの人が思い浮かべる受験では、学校で習った範囲の学習内容が問題として出されます。しかし小学校受験では就学前の子供へテストするわけですから、学校で習うような問題は出されません。しりとりなどで語彙力を確かめる問題や、ある形状や物の名前を順番に記憶させて出題する記憶力テスト、さらには数量比較による数学的な能力や平面図を用いて問題を出す推理に関する能力など、主に子供の先天的なIQを調べるテストを行なうのです。先天的な能力を測られると聞けば、事前にテストの内容などを覚えさせることはできないのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかし、小学校受験の対策を行なう塾では、こうしたペーパーテストも通過できるよう学習を行なわせてくれます。IQに関するテストは出題傾向も限られています、何度か子供が同じような問題を解くことで、ペーパーテストでもすぐに解答できるようになるのです。

ペーパーテスト以外にも、小学校受験で行なう試験は多くあります。その一つが、行動観察と呼ばれる試験内容です。子供を遊ばせることで、子供が行なう行動を観察し子供の持つ能力を確かめることができるのです。子供が行なう遊びは自由に見えて、実はさまざまなルールが存在するものです。遊んでいる姿を見ることで、子供どうしの協調性や自主性、コミュニケーション能力や想像力といった能力を測ることができるのです。そこで小学校受験対策の塾では、普段から子供にさまざまな遊びをさせて、協調性やコミュニケーション能力などを身につけさせます。塾では、小学校受験対策の本に書かれているような、マニュアル通りの行動をさせません。子供の能力を伸ばすような遊びをさせるため、受験でも小学校側から高い評価が得られます。